小倉優子「イクメンじゃない」夫に失望していたことを告白


1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/18(土) 12:23:47.21 ID:CAP_USER9.net
6月14日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に、タレントの小倉優子(32)が出演。
イクメンについてナインティナインの岡村隆史(45)、スピードワゴンの井戸田潤(43)らに語る場面が見られた。
この日のテーマは「あなたならどうする? 結婚の2択アンサー」。まず小倉が美容院を経営する一般男性と結婚するまでが再現VTRで紹介され、
その後、結婚してから気づいた思い違いを本人が明かした。

結婚前の小倉は「すごいマメだし、きっと子供が生まれても一生懸命いろいろやってくれたりとか、家庭的な旦那さんになってくれるんだろうな」と期待していたのだが、現実は大違い。
実際の夫は長男が生まれてから仕事が多忙を極め、家にいる時も夜泣きに耐えられず別室で寝るように。
小倉は期待通りのイクメンパパになってくれなかった夫に、「悲しい気持ちになりましたね。
イライラしてた」と、当時の本音を明かした。気持ちは夫から離れ、「期待もしないし、結婚生活に夢とかは無くなってました」と振り返る小倉。
実際、ネット上では当時、不仲説も浮上していた。

しかしその後、小倉は自分の理想を勝手に押し付けていたことに気づき、
「イクメンパパじゃなくっても家族のために頑張って働いている、尊敬できるパパでいい」と軌道修正。息子を夫の職場に連れて行き、働くパパの姿を見せたり、
息子の欲しがっている物をそれとなく伝えておみやげで買ってきてもらうなど、夫が自然に子供とコミュニケーションをとれる状況を演出し、関係を修復していったのだという。

小倉はそんな自身の経験を振り返り、「自分のまわりにイクメンが多かっただけで、実際はほぼいない」と、
昨今、理想とされるイクメンとの出会いは現実には難しいとコメント。
これに井戸田から「理想はもういいの? 妥協すると(ストレス溜まって)爆発するんじゃない?」と質問が出たが、
小倉は「一回、こりん星も爆発させているから(大丈夫)」と回答。岡村もこの発言には「爆発させられるんだ?」と驚きながら爆笑していた。

「イクメンタレントがもてはやされる中、小倉の発言はけっこう思い切りましたね。最近はママタレとして、男性ファンより女性ファンが多かった小倉ですが、
この発言で男性ファンも増えそうですね。ただ、逆に女性視聴者の反感を買わなかったかが心配です。
この日は最近ママタレとして活躍しているギャル曽根(30)も出演していたんですが、なにもコメントしていませんでした。
はたして小倉の発言をどう思っていたのか、気になるところです」(芸能誌記者)――現実に合わせ、上手く考えを切り替えたところは、さすがゆうこりん。タダモノではない。


http://dailynewsonline.jp/article/1147441/
2016.06.18 09:00 日刊大衆

http://image.dailynewsonline.jp/media/9/a/9abd96e100c331ba7f9c2cc65ad04fac927eac3a_w=666_h=329_t=r_hs=846962dfc3601edeb962457519dae625.jpeg

続きを読む

ダレノガレ明美、潮吹き経験激白!「 1年半ぐらい前に初めて潮吹きました。 自分でもビックリ 」


1 :o(^・-・^)o ★@\(^o^)/:2016/06/18(土) 03:13:28.51 ID:CAP_USER9.net
モデルのダレノガレ明美が、17日未明放送のラジオ番組「おぎやはぎのメガネびいき」で、過激発言を連発した。

 この日の放送では「第4回アイドル妄想総選挙」が開催され、ダレノガレは8位にランクイン。スタジオにサプライズゲストとしても出演し、過激な下ネタトークも展開した。

 以前から囁かれていた自身の「マグロ疑惑」について、「私声出し過ぎて、次の日声出なくなるぐらい、本当に。マグロじゃない、めっちゃ動くし、めっちゃ声出しますよ」
とマグロ疑惑を完全否定。おぎやはぎの矢作兼とケンドーコバヤシからは「最高だね」と大絶賛された。

 また、「潮吹き経験」についても激白。「私、1年半ぐらい前に初めて潮吹きました」と明かし、「自分でもビックリしちゃって、私じゃないと思って。初めて」とぶっちゃけまくった。

 ダレノガレのぶっちゃけに男性陣は大興奮していた。

http://npn.co.jp/sp/article/detail/53352049/

※前スレ
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1466163787/

続きを読む

ベッキーが復帰宣言も腫れ物扱いで需要ゼロの厳しい現実


1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/17(金) 16:32:24.76 ID:CAP_USER9.net
タレントのベッキー(32)が今月10日、音楽番組『FULL CHORUS 〜音楽は、フルコーラス〜』(BSスカパー!)の収録に臨み、本格的に芸能界復帰の再スタートをきった。
収録前には、不倫騒動以外一度も応じていなかった質疑応答形式の会見も開催。
報道陣の前に姿を見せ、一連の騒動に関して一連の謝罪と、自身の心境について述べた。

約100人の報道陣を前に、ベッキーは緊張の面持ちではあったものの、
「ゼロから頑張っていきたい」と話した上で深々と頭を下げた。

会見では、不倫相手のゲスの極み乙女。・川谷絵音(27)との関係についても言及し、今年1月中旬に別れたことを報告し、
「もう会いません」と断言。不倫という過ちを犯してしまったことに対しては、当時の自分に「正しい道を進みなさいと言いたい」と語り、
今後は人を傷つけない恋愛をしたいとコメントしている。川谷が一度も会見の場を設けていないことに関しては、
「それぞれの考え、立ち位置がある」という話にとどまった上で、意見することはなかった。

反省の気持ちを述べながら、「仕事をする場があるというのはありがたく、嬉しい」と語ったベッキー。
「色々な意見をいただきたくて、全ての意見を受け止めようと思う」と語り、今年1月の会見とは異なる、前向きな雰囲気を漂わせる姿が印象的だった。

■ベッキーの民放出演を阻む理由

先月13日に騒動後初めてテレビ出演を果たした『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)は、
視聴率24%をたたきだして話題を独占したものの、今後の活動に関してはほとんど白紙状態のようだ。

「今回出演した音楽番組は、スポンサーへの影響を受けにくい有料放送ということもあり、復活の場所にはちょうどいいということで検討された番組です。
そのため民放番組への復活はまだまだ厳しいという声がほとんどです」(芸能関係者)

関係者曰く、ベッキーサイドが出演を強く望んでいても、スポンサーが難色を示す可能性が非常に大きいことが、復活を阻んでいるようだ
。また、世間のイメージ的にも不倫はネガティブすぎる。依然、逆風にさらされている状態だ。

また民放放送局への復帰については、スポンサー関係とは別のところで“こじれ”が生じているという噂もあるようだ
。同関係者はベッキーと『金スマ』が放送されたTBS、そしてある民放局を指し、その理由を指摘する。

「『金スマ』に出演したことで、民放他局は当然ながら「ベッキーサイドはTBSを選んだんだな」と認識します。
そのためこれまでベッキーを擁護してきた他局との関係がこじれてきているのではないかと言われています。
とくにTBS同様にレギュラーを数本持ってた日テレにとっては面白くない話です」(前出・関係者)

『天才!志村どうぶつ園』や『世界の果てまでイッテQ!』にベッキーを起用していた日テレは、騒動直後「降板はない」といち早く擁護の姿勢を見せた局でもある。
それゆえに、『金スマ』の出演は当初、寝耳に水であったはずだ。
またベッキー出演回の『金スマ』の裏番組にあたる日テレの『かぞくムービーAWARD 2016』は視聴率6.3%と大惨敗。さらに溝は深まったことが想像出来る。

今後の予定に関しては会見でも未定と語っていたベッキー。
民放でのテレビ出演を果たすためには、まだまだ“イバラの道”が待っているのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1146812/
2016.06.17 12:05 デイリーニュースオンライン

http://image.dailynewsonline.jp/media/b/f/bfec08707b1374c2b1fe33b1f07c2c0a21f5fcda_w=666_h=329_t=r_hs=0656cd2238d597dd7611dc831fee700e.jpeg

続きを読む
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ