橋下徹氏、鳥越氏に「ケツの穴小さくないか?」女性問題報道に説明責任求める「あれだけ報道の自由を叫んでいたのに…」


1 :digitec ★@\(^o^)/:2016/07/21(木) 10:50:47.76 ID:CAP_USER9.net
前大阪市長で弁護士の橋下徹氏が21日、ツイッターを更新し、21日発売の週刊文春で女性問題を掲載された都知事候補の鳥越俊太郎氏について
「鳥越さん あれだけ報道の自由を叫んでいたのに自分のことになったらちょっとケツの穴が小さくないか?」などとつぶやき、説明責任を果たすことを求めた。

 橋下氏は「一方的な証言だけで僕の出自を差別的に取り上げた週刊誌に対して、鳥越さんは『連載を打ち切るな、覚悟を持って報道しろ』のように言っていた」と、
大阪市長時代に一部週刊誌で出自問題が報じられた時の鳥越氏の言動を思い起こし、「今回の文春なんてチョロい記事。ちゃんと釈明しなさい」と、説明責任を果たすべきとした。

 続いてのツイッターでも「政治家に対しては差別報道・人格攻撃を除いて、とことん報道するのが民主主義。鳥越さん、訴える前に、いつも政治家に言っていた説明責任を果たしなさい」
とつぶやき、20日に弁護団が週刊文春側へ抗議文を送付し、選挙妨害及び名誉毀損罪での刑事告訴の準備に入ったことを発表した鳥越氏サイドを非難した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000038-dal-ent

続きを読む

徹子ショック…コメントなし 関係者「気持ちの整理がつかない」巨泉さん死去


1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/07/21(木) 08:30:57.31 ID:CAP_USER9.net
スポニチアネックス 7月21日 7時0分配信

 ◇大橋巨泉さん死去

 タレントの黒柳徹子(82)は訃報のショックに言葉を失った。今年1月26日、テレビ朝日
「徹子の部屋」で、仲の良かった巨泉さん、永六輔さんと最後の共演(放送は2月4日)。
「永さんと徹子ちゃんに呼ばれたら死んでも出る」と出演に踏み切った巨泉さんに
「涙が出るほどうれしかった」と感謝の思いを伝えた。

 この日は都内で同番組以外の仕事をこなしたが、関係者は「心労がひどく気持ちの整理が
つかないのでコメントは差し控えさせていただきます」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00000033-spnannex-ent

続きを読む

不仲と亀裂を隠せず?SMAP、5人揃った『スマスマ』収録が裏目に


1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/07/18(月) 09:40:23.64 ID:CAP_USER9.net
今月11日に放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で、久しぶりにSMAPのメンバー5人が全員顔を揃えた。
同番組は先月13日の放送以降、各メンバーの単独企画などの特番を放送しており、
実質5人で収録する通常放送は休止が続いていた。

久々のフルメンバー出演で胸をなでおろす視聴者もいる一方で「『スマスマ』の収録を意図的に避けているとしか思えない」
「SMAPは本当に大丈夫なの?!」と言った声もあがっている。 

メンバーが1ヶ月ぶりに顔を揃えた今回の放送分では、モデルのミランダ・カー(33)を迎えた「ビストロ・スマップ」や、
ミュージシャンの布袋寅泰(54)とのセッションといったラインナップを放送。こちらの内容に関しても、
安心したという声の一方で「ソロワークの方がイキイキしてるんじゃないかな」「メンバー間の空気が重い」といったコメントが寄せられていたようだ。

「5人のギクシャクした雰囲気に違和感を持った視聴者が多い。特に東日本大震災支援金を募るコーナーでは、木村拓哉(43)が視聴者に呼び掛けている最中に、
端っこに立っている中居正広(43)は、終始顔を伏せていたことが話題になっていました。こうした状況から『スマスマ』の存続を危ぶむ声もあがっている」(芸能関係者)

■デビュー25周年でも企画は“白紙状態”

そんな中、今月13日に放送局であるフジテレビの亀山千広社長(60)の定例会見が行われ、SMAPに関する話題にも触れられた。
亀山社長は『SMAP×SMAP』が唯一メンバー全員が揃う番組であることや、ファンクラブ会報誌でメンバーが解散を否定したことについて触れ、
「ぜひ続けていってほしいし、もっともっとやるべきことはいっぱいある」と語り、番組継続に関する前向きなコメントを寄せた。

さらにSMAPが今年デビュー25周年であることに関して、『SMAP×SMAP』も20周年であることも合わせて触れ、記念企画を行うことを示唆する発言も見られた。

しかし、こうしたテレビ局側の前向きな発言に対し、現実は前述の放送内容の状況であるように依然厳しい状況だ。

「そもそもSMAPにとっての節目である年ならば、もっとメンバーが揃ったテレビ出演を行うはず。
通常ならば新曲もリリースされるはずですが、昨年9月のリリースを最後に発表していません。さらに今年は夏の歌番組の特番にも一切出演していない。
こうした中で、記念企画を行ってもファンの不安を拭うことはできないでしょう」(前出・関係者)

メンバーのリーダーでもある中居は、来月開幕されるリオデジャネイロオリンピックのTBSのメインキャスターを担当することに決まっている。
おそらくテーマソングはSMAPの楽曲が使用されるとファンは期待を膨らませていたが、
結果的に新曲ではなく10年前の楽曲『ありがとう』に決定したことで、もはや元のSMAPに戻ることは絶望的だと捉えるファンも出てきている。
SMAP結成25周年を迎えるも、問題はまだまだ山積み状態のようだ。

SMAP結成25周年を迎えるも、問題はまだまだ山積み状態のようだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1164964/
2016.07.18 09:03 デイリーニュースオンライン

続きを読む
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ