浅野忠信の素敵な父娘ショット、「最高!」「超かわいー!」の声。

浅野忠信の素敵な父娘ショット、「最高!」「超かわいー!」の声。
1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 21:06:40.19 ID:CAP_USER9.net
2016/06/19 06:32

・娘がSODA!のライブに来てくれて父の日のプレゼントくれた [tadanobu_asano]



俳優の浅野忠信(42歳)が6月18日、自身のInstagramで、
長女でモデルのSUMIRE(20歳)との“父娘ツーショット”を披露した。

この日SUMIREは、浅野率いるバンド・SODA!のライブに訪れ、父の日のプレゼントを渡したそう。
浅野は「娘がSODA!のライブに来てくれて父の日のプレゼントくれた ラブ(ハート)」と嬉しそうにつづり、
ライブ終わりで上半身裸の浅野、SODA!のTシャツを着たSUMIREの仲良しツーショットを投稿した。
にこやかな2人の表情からも、素敵な父娘の関係性がうかがえる。

これにファンからは「可愛いしかっこいいし最高なんですけど!」
「成人した娘ちゃんがお父さんと顔をくっつけて写真を撮れるなんて、どれだけ良い親子関係なんでしょう!」
「娘さんクールな写真多いから新鮮素敵」「超かわいー!」「パパの顔ですなぁ?」
「すーちゃん、お父さんと一緒だとこんな顔するのですね(ハート)」などの反響を呼んでいる。

浅野は1995年3月に、岩井俊二監督の映画「PiCNiC」で共演したミュージシャンのCharaと結婚。
同年7月に長女のSUMIREが誕生した(※1999年には長男も誕生)。
2009年の離婚後、SUMIREはCharaのもとで生活。
昨年末には、タマホームのCMで母娘共演し話題を呼んだ。

なお、この写真にはCharaも反応。
Twitterで「裸にみえますが!!なんだこの親子!! 髪型もヤバイな!!
リツートしますね 何もらったのかなーー」とツイートしている。


http://www.narinari.com/Nd/20160638224.html

続きを読む

【テレビ】<松本人志>土地転がし否定!週刊新潮に逆オファー「巻頭グラビアやる」


1 :Egg ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 13:34:11.54 ID:CAP_USER9.net
 お笑いコンビ、ダウンタウンの松本人志(52)が19日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜前10・0)で、一部週刊誌で報じられた所有する土地を売却したことで多額の利益を得たとする報道に言及した。

 松本は13日に自身のツイッターで「数年前に買った土地を最近売った。。。 週刊新潮の記者が来てフラッシュをバンバン焚かれ、いくらで売れたんですか!ひつこく聞かれた。 そんな個人情報を?記事にするの?どうした?新潮。」とつぶやき。すると16日発売の「週刊新潮」に今回の土地売却で推定8億円の利益が出たとする内容の記事が掲載された。

 番組冒頭で松本はこの件が話題にあがると「(土地を)これ以上持ってたら損だから売っただけ。金額とか全部ウソですよ」と報道内容を否定。「記事になると、“土地転がし”感を出すでしょ。ギリギリ赤字にならないうちに売っただけ」と、多額の売却益などないことを説明した。

 さらにスキャンダルでもないプライベートの話題を取り上げられたことに「僕の名前を出してスベられた感じ」と、苦言を呈した。また同編集部に「こんなのをやられるんだったら(週刊新潮の)巻頭グラビアもやるし、サイパンでも行って撮影もやりますよ」と、まさかの逆オファー。「全然、悪いことしてない」と最後まで納得のいかない様子だった。

サンケイスポーツ 6月19日 11時25分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000545-sanspo-ent

続きを読む

女優・多部未華子「27歳の美脚」若き乙女からオトナの実力派へ


1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/19(日) 12:57:01.23 ID:CAP_USER9.net
「まさか、10年後にこの場に戻ってこれるとは……わりとぼーっと過ごしてきました(笑)」 これは先日、東京池袋の東京芸術劇場にて開催された、
『第25回日本映画批評家大賞・実写部門』授与式において、映画『ピース オブ ケイク』で主演女優賞を受賞した多部未華子(27)の受賞第一声である。

日本で唯一、映画批評家によって選定され、人気や興行成績によらず真に優れた作品や俳優たちを表彰し続ける同賞。
それだけに10年前の第15回時に受賞した新人賞に続いての受賞で喜びもひとしおといった様子の多部ちゃん。
しかし、あくまでも自然体で受賞式に臨むその姿は、もはや平成の名女優の風格すら漂っていた。

「日本の映画界は今、若手の名女優の黄金期を迎えている」と言う島敏光選考委員の言葉通り、
今回授与式では、満島ひかり(助演女優賞)、藤野涼子(新人女優賞)と、他の受賞者にも人気実力ともに備わった若手女優たちが受賞している。
さらに、ダイヤモンド大賞(淀川長治賞)には山田洋次監督と並び吉永小百合が受賞するなど、
新旧の日本映画の女優が栄誉を手にした今回の授与式。25回目の節目にふさわしい日本映画の饗宴となった。

http://dailynewsonline.jp/article/1148047/
2016.06.19 12:30 日刊大衆

http://image.dailynewsonline.jp/media/6/c/6c1af1e32f19c5ed02580c91f69edb539c96a4b3_w=666_h=329_t=r_hs=3dea2d79b245ec9f69be0ad4d5502c74.jpeg

続きを読む
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ