“SMAP解散”の今だから語ろうミュージカル『聖闘士星矢』! SMAPは2.5次元俳優たちのご先祖様だった!!


1 :シャチ ★@\(^o^)/:2016/08/17(水) 20:17:20.88 ID:CAP_USER9.net
おたぽる 8月16日(火)23時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160816-00010011-otapolz-ent

 14日、年内いっぱいでグループを解散することをジャニーズ事務所から発表されたSMAP。
「メンバーや世話になったマネージャーより事務所を選んだキムタクはせこい」とか、
逆に「SMAPの解散は中居のキムタクいびりが原因」だとか、「いくらタイムリープを繰り返しても
キムタクは解散を防げなかったんだね…」などと諸説が飛び出し、ネット上は大盛り上がり。

 各ニュースサイトなどもSMAPネタで大盛り上がりのようだ。羨ましい。というわけで、
オタク系ニュースサイトおたぽるとしては、かつてSMAPが出演、一部では黒歴史扱いされていたりもする
“バンダイスーパーミュージカル『聖闘士星矢』”の思い出を語りたいと思う。

 誰もが知る車田正美の超人気コミック『聖闘士星矢』(集英社)は1986年の連載開始以降、続編や
派生作品をいくつも生み出したほか、TVアニメ、劇場アニメ、ゲーム化と展開を広げていき、91年には、
当時グループ結成して間もないSMAPを起用し、バンダイスーパーミュージカルとして舞台化された。

 舞台化されたのは、「黄金聖闘士(十二宮)編」の次のエピソード「海皇ポセイドン編」。配役は
ペガサス星矢:中居正広、ドラゴン紫龍:草なぎ剛、キグナス氷河:森且行、アンドロメダ瞬:香取慎吾、
フェニックス一輝:稲垣吾郎、海皇ポセイドン/ジュリアン・ソロ:木村拓哉。主人公が中居なのは納得だが、
後のメンバーのイメージからすると「この配役でいいのかしら?」と思わなくもない配役だが、
こうなってみるとラスボスをキムタクが演じているのも、なかなか興味ぶかいところ。

『聖闘士星矢』といえば、“ペガサス流星拳”をはじめとするド派手な聖闘士たちの必殺技が印象的だが、
なにせ四半世紀も前のことである。昨今のようにCGを生かした演出などは当然できないので、必殺技たちは
レーザーやラインテイング、技をくらって吹っ飛ぶところはワイヤーアクションなどで表現。また結構長い
エピソードを詰め込んでいるため、物語も原作を知らないと分かりづらい部分も多く、あまり芳しくない反応も多かった。

 とはいえ、『ベルサイユのばら』など、名作少女コミックを原作に宝塚歌劇団がミュージカルとして舞台化する、
というのは70年代から行われてきたが、男性のイケメンを起用して人気コミックを舞台化するのはまだ
結構珍しかったということや原作の人気もあってか、約2週間全31公演で約37万人の観客動員をマーク。

 このミュージカル『聖闘士星矢』は、ミュージカル『テニスの王子様』の仕掛け人として知られる、
マーベラスエンターテイメント(後のマーベラスAQL)の取締役であったプロデューサー・片岡義朗と、
ネルケプランニングの松田誠がマンガ・アニメの舞台化として企画した作品群の第1弾であったとか。
後に続くミュージカル『テニスの王子様』を筆頭とする「2.5次元舞台」の隆盛には、SMAPが多大な貢献を果たしていたのだ。

 なお、ムウ:城島茂、シャカ:国分太一、ミロ:松岡昌宏、アイオリア:山口達也と、TOKIOの4人も出演していたりと、
今見ることができたら大変面白そうではあるのだが、残念なことにミュージカル『聖闘士星矢』は、
VHS、LD、DVDひっくるめて、映像ソフト化がされていないようだ。

 ただ頑張って探せば、古書店などでパンフレットは購入可能であるし、ネット上では当時の思い出を語る、
SMAPファンの姿も散見できる。さらに2011年にはペガサス星矢役に鎌苅健太を据えたスーパーミュージカル
『聖闘士星矢』も公演されており、こちらはDVDなどが購入可能なので、興味がある人はチェックしてみてもいいかもしれない。

続きを読む

【グラビア】葉山夏恋(15) 天使の笑顔で癒してくれる

【グラビア】葉山夏恋(15) 天使の笑顔で癒してくれる
1 :野良ハムスター ★:2015/09/23(水) 22:15:05.12 ID:???*.net
9月20日、グラビアアイドルの葉山夏恋さんの1stDVD「Angel Smile 15歳・JC」(スパイスビジュアル)の
発売を記念し、秋葉原のソフマップモバイル館でイベントが行われた。

この作品は都内で6月に撮影が行われ、笑顔が可愛い葉山夏恋さんが
天使の笑顔で癒してくれる作品となっている。











DVDの内容について「制服のシーンではバドミントンやバスケットボールをして遊びました。
レオタードを着たシーンではボールを持ったり、ストレッチをしました。
飴を舐めたりバランスボールで遊んだり、クリームを塗ったりもしました。」と紹介。

おすすめのシーンについて「お風呂のシーンです。4才の気持ちではしゃいでいました。
普段家で入る時はおばあちゃんみたいにボーっとしています。」とコメント。

撮影で苦労したシーンについて「ポージングです。椅子に腰かけて背もたれに寄りかからずに
足を上げるポーズは難しかったです。ずっとプルプルして腹筋を使いました。」と苦労した様子だった。

今後の予定について「10月に2枚目のDVDが発売されます。よかったら買ってくでさい。」と語っていた。

<プロフィール>

葉山夏恋(はやま かれん)

生年月日:2000年4月21日
サイズ:T150 B81 W56 H83
血液型:O型
出身地:神奈川県
趣味:カラオケ
特技:フラダンス
http://www.girlsnews.tv/dvd/247195

続きを読む

坂上忍、張本氏に「喝!」水谷のガッツポーズを擁護し「張本さんは世界戦とか興味ない人」


1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/08/17(水) 14:32:54.17 ID:CAP_USER9.net
スポーツ報知 8月17日 13時31分配信

タレントの坂上忍(49)が17日、フジテレビ系の情報番組「バイキング」(月〜金・前11時55分)に
出演し、リオデジャネイロ五輪の卓球男子シングルスで銅メダルを獲得した水谷準(27)のガッツポーズに
「喝!」を入れた野球評論家の張本勲氏(76)について「張本さんに喝!」とコメントした。

坂上は「張本さんに喝じゃないの? 張本さんはもともと世界戦とか興味ない人だから」と指摘。
「礼儀も大事だけれど、日本人は礼儀はしっかりしている方だから」として、「世界戦を僕らは楽しみにしている。
だからこれだけニーズがあって、ああいうところでいちゃもんつけているから、サッカーとか野球の国内リーグは
全然ダメになっているじゃない」とコメントした。

 張本氏は14日に放送されたTBS系の情報番組「サンデーモーニング」(前8時)で「あんなガッツポーズはダメだよ。
いけない」と喝を入れ、「この国(日本)は礼に始まって礼に終わる。やっぱりガッツポーズは肩の下まで」と
指摘していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000105-sph-ent

続きを読む
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ