女子大生「グラビアのバイトに登録しちゃった」→AVだと言われ泣いて懇願も恫喝され追い込まれる→5年間に100本以上出演、SMや3Pも [141789408]

女子大生「グラビアのバイトに登録しちゃった」→AVだと言われ泣いて懇願も恫喝され追い込まれる→5年間に100本以上出演、SMや3Pも [141789408]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (アウアウ Sa97-6/NZ):2016/06/14(火) 14:45:32.38 ID:XoPKLjVWa?2BP(2001)

女性をアダルトビデオ(AV)の撮影に派遣していたとして、警視庁が都内のプロダクション元社長らを労働者派遣法違反(有害業務就業目的派遣)の疑いで逮捕した。
モデルへの憧れを巧みに利用したこの種の勧誘は多い。
無理やり出演させられたある二十代の女性が「私のように巻き込まれる女性をもう出したくない」と本紙の取材に体験を語った。 (木原育子)

大学生の頃、アルバイト先で「グラビアのバイトをしてみない?」と持ち掛けられたのが始まりだった。「話を聞くだけ」と気軽に応じた。

男性社員ばかりのプロダクション事務所に行くと、「登録だけしておこうか」と優しく言われた。
派遣のバイトに登録する感覚で身分証のコピーを渡し、書面に名前と連絡先、住所、生年月日、大学名を書いた。



書面に「AV」の記載はなく、グラビア撮影と思った。事務所併設のスタジオで証明写真を撮られた。
「体に傷がないか確認したい」と上半身裸の写真も。「みんなやっているからね」と説明された。

数日後に制作会社で面接を受け、さらに数日後、プロダクションから「AV出演が決まった」と連絡があり、ようやく事の重大さに気づいた。

「絶対に嫌です」。狭い応接室で三時間以上、泣いて懇願したが、三人の男性に囲まれ、どう喝され続けた。身分証や裸の写真が脳裏をよぎった。
「契約書へのサインがある。違約金を払えるのか」「親や大学にばらす。親は泣くぞ」

誰にも相談できないまま、この状況を招いたのは自分の至らなさのせいだと思い「私さえ我慢すれば」と追い込まれていった。

撮影は次第に過激になった。両手足を縛られ、複数人の男性を相手にした。「あまりにも恥ずかしくて屈辱的で…。自分を守るには、心を閉ざして、忘れるしかないって」

撮影は五年間続き、出演は百本を超えた。卒業後に入社した会社で、出演を見つけた男性の同僚から「君はだまされている」と諭され、われに返った。

支配され続けることで心が壊れたのか、医師からは、自分の身体が極度に醜いと思い込む「醜形恐怖症」と診断された。自身を肯定できなくなっていた。

見られているという恐怖と悔しさが、まだ消えないという。
「AV業界は今、特殊な世界ではなく、ちょっとした心の隙があれば、誰でも取り込まれる危険がある」。女性は何度も繰り返した。

ソース 東京新聞
バイト感覚で登録 「AV」記載なく 出演強要された被害女性が証言
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201606/CK2016061402000264.html

続きを読む

バックパッカーの経験も 優香を射止めた青木崇高の将来性


1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/06/14(火) 22:14:37.03 ID:CAP_USER9.net
女優でタレントの優香(35)が俳優の青木崇高(36)と結婚することが13日に正式発表になった。

2人は所属事務所を通じて連名で「ドラマの共演をきっかけに、今年に入って交際することになり、自然な心地の良い流れの中で、ともに人生を歩んでいきたいと決心し、
この度、結婚する運びとなりました」と報告。青木は「顔をクシャクシャにしながら笑う彼女の姿をずっと守っていきたいと思います」と喜びを語った。

元祖癒やし系ともいわれる優香を射止めた青木は昨年10月にNHK時代劇「ちかえもん」(今年1月放送)の共演(青木は主演)で出会い、それから半年のスピード婚。
今月27日の優香の誕生日に入籍予定だという。

「おれの優香を!」とお怒りモードのご仁も多いかと思うが、この青木、07年の朝ドラ「ちりとてちん」で顔と名前を売り、
最近では「るろうに剣心」の相楽左之助役や先述の「ちかえもん」などで評価が急激に高まっている中堅俳優。
現在放送中のドラマ「99・9−刑事専門弁護士−」にも出演中で、今年は主演映画「雨にゆれる女」や「日本で一番悪い奴ら」などの公開も控えている有望株だ。

身長185センチの偉丈夫で趣味はバックパッカー。放浪の旅もようやく終着駅か。

http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/gendai-326404/1.htm
2016年6月14日(火)15時2分配信 日刊ゲンダイ

続きを読む

【グラビア】矢吹春奈(31)、最初で最後のフルーヌードに「一皮むけてスッキリしたかった」

【グラビア】矢吹春奈(31)、最初で最後のフルーヌードに「一皮むけてスッキリしたかった」
1 :野良ハムスター ★@\(^o^)/:2016/06/12(日) 15:01:43.24 ID:CAP_USER9.net
タレントでグラビアアイドルの矢吹春奈が5日、東京・新宿の福家書店新宿サブナード店で写真集『春奈』(発売中 3,700円税別 講談社刊)の発売記念イベントを行った。

かつては彼女が掲載された雑誌の売れいきから"完売クイーン"と呼ばれるなどグラビアアイドルとして人気を誇った矢吹春奈。最近は映画や舞台などに活動の拠点を移し、女優としても活躍している。そんな彼女の最新写真集は、巨匠・篠山紀信がカメラマンを務め、今年2月に訪れた伊豆の旅館などで完全フルヌードを披露。矢吹にとって最初で最後のフルヌード写真集となっている。

初夏らしいノースリーブのワンピース姿で取材に応じた矢吹は「大人の女をイメージしてきました(笑)」と茶目っ気たっぷりで、「本当に1本の映画を見終わった感じがする内容の濃い作品になりました。篠山先生とコンセプトを決めず、その場の雰囲気で生まれたものを撮ってきました。先生に撮っていただく中でどんどん奥の奥まで撮っていただいた写真が沢山あります」と内容について紹介。同写真集は最初で最後のフルヌード写真集だが「一皮むけたかったというか、モヤモヤしていた訳ではないんですが、自分で変化を求めたかったし、新たなことにチャレンジしてスッキリしたかったんです」と経緯を説明しながら「私の転機はこの作品だと思います。ヌードが最後のつもりで撮りました」と胸を張った。

矢吹は現在31歳。恋愛の話題を振られると「恋愛は今ないんですよ…。欲しいんですけどね。残念ながら気になる人もいないんです。常に求めていまけど、なかなか素敵な男性に出会えてなくて」とどことなく寂しげな表情も「お仕事をいただけるように自分を磨いていきたいです」と力を込めていた。














http://news.mynavi.jp/news/2016/06/11/156/

続きを読む
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ