AVに出れば億万長者になれるグラビアアイドルで打線組んだ


1 :風吹けば名無し@\(^o^)/:2017/05/27(土) 01:08:37.17 ID:nVBow010d.net
1番 右 中村静香
2番 二 吉木りさ
3番 左 小池栄子
4番 一 篠崎愛
5番 三 川村ゆきえ
6番 中 稲村亜美
7番 遊 橋本マナミ
8番 捕 RaMu
9番 投 倉持由香

続きを読む

清水富美加「千眼美子」でテレビ初告白「もうちょっと頑張れたら、という思いも…」


1 :鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/:2017/05/26(金) 19:01:46.70 ID:CAP_USER9.net
 宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)が26日放送のフジテレビ「みんなのニュース」のインタビューに答え、近況を語った。

 今年2月に出家することを公表し「千眼美子」と改名、以来テレビカメラの前に出るのは初。入信したきっかけについては「物心ついたときから両親が幸福の科学の会員だったので、自然にです」と話した。

 また、幸福の科学に出家した自分に対する報道は「周りの人がどういう意見をもつのか見るべき・聞くべきと思い、批判も賛成も両方見るようにしていた」と言い、「(出家することになって)迷惑をかけてしまった人がいるということは重々承知している。もうちょっと(自分が)強かったら、もうちょっと頑張れたら、という思いもあったが…」と一連の騒動について“反省”したうえで、「色々な意見があるのを全て分かった上で自分が選んだ道」とあくまでも出家は自らの意志によるものだということを強調した。

 既に教団が制作する映画の手伝いなど、出家者としての活動を徐々に始めている清水は、今後教団が運営する芸能プロダクションに所属。「芸能界で宗教家としてもタレントとしても両方で活動していきたい」と意気込みを語っていた。

[ 2017年5月26日 18:14 ]
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/26/kiji/20170526s00041000282000c.html

続きを読む

オーランド・ブルーム、ウェイトレスとベッドイン 解雇された彼女に謝罪も

オーランド・ブルーム、ウェイトレスとベッドイン 解雇された彼女に謝罪も
1 :みつを ★@\(^o^)/:2017/05/27(土) 01:49:28.20 ID:CAP_USER9.net
http://japan.techinsight.jp/2017/05/kay05242127.html

いかにも「紳士」といった風貌でハンサムな英俳優オーランド・ブルーム(40)だが、実はかなり自由奔放に生きるタイプである。元恋人ケイティ・ペリー(32)とのバケーションでは「周りに人がいないから」という理由で全裸になり、それを激写・公開され話題になった。そんな彼が21歳の美人ウェイトレスと熱い夜を過ごしたというが、女性はオーランドとのベッドインがバレて解雇されてしまったそうだ。

女優を目指す美人ウェイトレス、ヴィヴィアナ・ロスさんは、英セレブにも人気のホテル兼レストラン「Chiltern Firehouse」で働くウェイトレスだった。その日もシフトが終わるまでしっかり勤めたが、その後に出会ったオーランド・ブルームと盛り上がりそのままベッドイン。その後オーランドの部屋で素っ裸になっている姿を見られ、解雇されたという。

この話を知ったオーランドは大変恐縮に思い、わざわざ「Chiltern Firehouse」に電話をかけている。そこでヴィヴィアナさんの電話番号を聞き出したオーランドは、彼女の様子を確かめようと連絡をしたそうだ。ある情報筋は、このようにメディアに伝えている。

「男女の仲になった夜には、連絡先の交換もしていなかったんです。情熱的な夜を過ごしたものの、それ以上は互いに期待していなかったんですよ。」
「オーランドは、彼女の働いていたホテルに連絡して電話番号を聞き出し、彼女が大丈夫か確かめたんです。」
「彼はただこう言ったそうです。『こんなことになってしまって、ごめん』とね。」

一方でヴィヴィアナさんは「お客様と親密になった」という理由で解雇されたものの、「素晴らしい夜になった」として後悔はしていない様子だ。オーランドとは出会った瞬間に強烈に惹かれあったといい、「素晴らしいひとときだった」「彼はすごく良い体をしているし、とても上手だったのよ」などと語っているという。これを機にオーランドと交際を始めれば彼女の知名度も一気にあがるのだが、残念ながらオーランドにそのつもりはないようだ。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

2017.05.25 19:15



続きを読む
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ